いつかのバイク屋・・・・

僕は脳卒中になって車の運転を断念した。入院時に思い描いていた退院したら、自転車に乗るという新しい趣味をつくることも断念した。
https://86938198.at.webry.info/201905/article_30.html
その時の記事がコレ。

現在、左の握力0・・・自転車に乗れるわけがない・・・。

あれこれと考えてるうちに自転車を飛び越えて、大型バイクに乗りたくなってきた・・・。




バイクに乗りたいと、周りに声を出して言うと、みんな決まってバカにした感じで笑う・・。『無理に決まってる!』ってね。
だから、いつからか、僕は口にだすのをやめた。

無理なのは僕もわかってる。ただし、



tモンスター.jpg


今はね。

無理って決めつける連中は、僕が一生この体のままだと思ってるのだろうか?

当の本人は一生このままなんて考えもしてないのだが・・・。

今は無理でもいいやん!
この先5年後10年後でもいいやん!!
乗れるようになったら乗りたいねん!

この前、バイクのディーラーに連れて行ってもらい店員さんと話した。
はたしてこんな体でも客としてしてみてもらえるのだろうか?





店員『大型免許はこれからですか?』

僕『そうですね。まだ持ってないのでこれからです。その前に体を治さないと・・・。』
 まさか、障害持ちがバイク屋に来るとは思っていなかったのだろう。
 店員さんは、そこで初めて僕の杖と左足の装具と不自然に曲がった左腕に気づいたみたいだった。

そして、一通り会話をし最後に・・・、
『わかりました。頑張ってください。お待ちしております。』
僕は、その一言がとても嬉しかった。半身麻痺のことを言ったら相手にされないと思っていたからだ。僕を客として見てくれた。
1バイク.jpg



普通にそう言ってくれた、言葉少なく普通に言ってくれた店員さんの言葉に嘘は感じ取れず僕は本当に嬉しかったものだ。


この時の店員さんは、脳卒中がどんな病でどんな後遺症かわかってないのかもしれないし、反対に、詳しく
わかっていたかもしれない。只の営業トークかもしれないし。
店員さんが、どんな心境で言ってくれたのかは僕にはわからない。だけど僕は、単純に『お待ちしております』
・・・

その一言が嬉しかった。。半身麻痺の僕を客として見てくれた。あの時の店員さんの表情。

『お待ちしております』
心からエールを送られた気がした。

3バイク.jpg
言っておくが僕は、一生この体のままでいるつもりは全くない!いつか、必ず動く!長年にわたり付き合ってきた自分の体を信じる!


人気ブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年10月17日 19:33
ひろ君こんばんゎー(笑)
ってたまにはいいかな?って、思って(笑)
たまには言いながら初めて言ってみたけどー。
昨日は失礼しました(^人^)
希望や目標を持つ事は凄い感心します。
やっぱり、希望や目標は高めに持つ事は
良いと思います。
明らかに届かぬ夢じゃなく、きっと時間はかかるけど、ひろ君なら達成する事できると思います。店員さん。普通に接してくれた。。
案外自分が思ってるより周りは
障害者だとは思っていないのですよ?
私も自分で障害者だからと自分に自信無く
勝手に自分で追い込んでしまう節があり
自己嫌悪になりがちです。
病気になり、凄く他人の言動や行動が
良くも悪くも敏感に感じられるようになりました。
take
2019年10月17日 21:22


>🎀友美🎀さん
>
>...あ、あのー、たぶん他の人と間違えてませんか?
マリオ
2019年10月17日 22:14
こんばんわ!親方樣!話題に乗り遅れましたが、自分も後輩も、左は、ぶら~ぶら~麻痺でした!ぶら~ぶら~麻痺の顔面麻痺でした!今でも二人とも、顔面麻痺の後遺症で、顔が堕ちている!と言われますよ!二人して同じ時期に脳出血で入院して、自分は3ヶ月半で、後輩は2ヶ月の入院でした!二人とも退院の時は、歩行も手も、知らない人が見たら分からないくらい回復しました!二人とも未だに左手の握力は20キロ弱ですが、みなさんに比べたら御の字ですよね!自分は退院前の1ヶ月半は、手、歩行のリハビリは自習トレになり、毎日、午前中40分!午後40分!の、脳トレでした!幼稚園や、小学生の授業みたいな事をしてました!リハビリの先生が研修生に、自分の事を、この患者は、運動麻痺は驚異的な回復で良くなったが、頭に問題があると説明してました!高次脳機能障害の事でしょうが、それはそれで、自分にはショックな言葉でした!方麻痺の感覚は個人差があると思うので回復の感覚は御本人じゃないと分からないと思いますが、リハビリを意識して生活していれば、健常者の仮面を付けれるくらいの回復までは、個人的には、期待できると思います!後輩が退院する時に、自分にどの道、後1ヶ月以上入院してなきゃならないのだから、毎日、看護師と、どうやって楽しく過ごす事だけ考えて過ごせ!と言って退院して行きました!まっ、看護師と仲良しになれる程、現実は甘くなかったですけどね!自分は復職できたので、毎日がリハビリと思って生活しています!世の中には脳卒中後遺症で悩んでいる戦友は沢山居るはずです!戦友達と共に脳卒中後遺症に立ち向かいましょう!
友美
2019年10月17日 22:41
2019年10月17日 22:43
やっぱ親方!って呼ぶ!
要らん事するとコレだもん。。
ごめんなさぃ。ちゃんと確認もせずに完全に名前勘違いしてました。(T_T)反省します。。。

take
2019年10月18日 07:42
ゆみさん 大丈夫ですよ。お気になさらずに。僕もたまにやってしまいますしね。それに勘違いや、大きな間違いは、自分もそうなので、理解できますよ。今後ともよろしくお願いします。
take
2019年10月18日 07:49
マリオさん  コメントありがとうございます。3カ月で、そこまで回復できたのってすごいですね。きっと、相当な努力したのでしょうね。マリオさんもブラブラなのですね。本人の前で頭がって言われるの、こっちからしたらきついですね。ぜひとも3カ月で、そこまで回復したリハビリスケジュールを書き込みいただけますか?
マリオ
2019年10月18日 22:13
親方樣、こんばんわ!自分は親方樣と同じ病名は脳出血ですが、治療は開頭手術で頭蓋骨を取り出し治療をして、脳圧を下げる為、1ヶ月間は、頭の中に頭蓋骨は入っていませんでした!集中治療室から一般病棟に移り、すぐにリハビリ開始しました!正直、最初の頃のリハビリの記憶は曖昧で、自信がありません!知能は、歯磨きに軟膏を着けて歯を磨いていたレベルです!左手はブラブラしていて、動かないし、握る事もできなかたのは記憶にあります!それでも脳トレのリハビリと、左手のストレッチのリハビリをしていた記憶はあります!最初の手術から1ヶ月間過ぎた頃、脳出血の治療も安定して脳圧も下がったので、頭蓋骨を入れ直す手術をしました!骨入れの手術をする前にリハビリの先生から、頭蓋骨が入ればいろいろな面で安定するので、麻痺の回復も早くなると言われていました!骨入れの手術が終了して、2週間くらいで、脳外科から、リハビリ回復科に移りました!リハビリ回復科に移っても、特別みんなと違うリハビリをしていた訳ではありませんが、頭蓋骨が入ってから運動麻痺については、あれ?左手に何と無く力が入るじゃん?歩行も、自分の力で歩けるじゃん?って感じで、回復していきました!何のアドバイスにもなって無くて申し訳ありませんが、自分は頭に頭蓋骨が入ってから、一気に運動麻痺については良い方向に進んだ感じでした!ホント何のアドバイスにもならなくて、申し訳ありません!運動麻痺については現在でも、歩行は自力で健常者と変わらない感じで歩けるレベルで、左手が握力が弱くて、少々不便かな!ってレベルまで回復しております!何の参考にもならなくて申し訳ございませんが、重度の脳出血だた自分がここまで回復していますので、同じ障害に悩むみなさんへ、微力ですが希望を与えられたらと思います!
2019年10月18日 23:46
友美です。マリオさん。凄い手術なさったんですね。開頭により頭蓋骨を取り出し脳出血を取り除き、止血をする手術。。神の手ですね。
話を聞いてるだけで、緊張感と、緊迫な情況が伝わってきました。大変でしたね。マリオさんは、かなりの出血をしていたんでしょうね。でも、そこまで回復され、良かった。(=´∀`)人(´∀`=)
先生たちの判断も良かったんでしょうね。
失礼しました。。
take
2019年10月19日 09:57
開頭手術ってものすごく怖いイメージがあって当時の僕には必要ないって言われて安心した記憶がありますが、実際どうなのでしょう?
当時の医師の言う事を信じるしかありませんね。
マリオ
2019年10月20日 09:16
友美さん、コメントありがとうございます!自分の場合は、同じ病気で後輩が共に入院していたので、精神的に救われたのが一番大きかったですね!ヤンチャで院内でいろいろ問題を起こして、一緒に居た自分はホントいろいろな面で助かりました!弱音を吐くと、よく後輩に叱咤激励されました!因みに自分は開頭手術をしたので、院内では保護帽子をかぶってました!その姿がスーパーマリオみたいと言って、自分の事を、マリオ君と呼んでいました!そのお陰で、看護師達にも、マリオ君と呼ばれてましたよ!自分も後輩も独り者の独身なので、お互い叱咤激励しながらの病院生活でしたが、今でも、復職して辛い時は、その頃の事を思い出しながら、乗り切っています!